HOME » 製品案内 » 自動車用光学製品 » ライトガイドのブラスト加工

OLBシボ(ブラスト加工)

ライトガイドとは、透明樹脂の内面反射を利用して、端部から入射した光を他方へ効率よく導くためのものです。
自動車のドアトリムや天井など内装の装飾用照明に多く使用され、美しい光の演出に利用されています。

押野電気製作所では、均一な発光を得るため、ライトガイドにブラスト加工を用いています。

ブラスト加工方式とプリズム方式による発光の違い

プリズムライトガイドのような光縞がなく、ブラスト加工の濃さを無段階に調整することにより、長いライトガイドの入光側から反入光側まで均一な発光を得ることができます。

【ライトガイドのプリズムによる発光イメージ図】

ライトガイドのプリズムによる発光イメージ図
LED光源から出た光はプリズム部で反射し、ライトガイドから放射される

【ライトガイドのブラスト加工による発光イメージ図】

ライトガイドのブラスト加工による発光イメージ図
LED光源から出た光はブラスト加工面で反射し、ライトガイドから放射される

【金型へのブラスト処理イメージ】

金型へのブラスト処理イメージ
ノズル
砥粒を高速で噴射
金型表面に微細な凹凸ができる

ライトガイドへのブラスト加工採用例の紹介

車内のライトガイド位置を示した画像
ライトガイド(間接照明イルミネーション)
光線
スイッチパネルに光が映り込んでいる
(スイッチパネル表面はピアノブラック仕様)

矢印
実際の写真

開発初期段階
Prism light guide
(車載時に直接は見えない)
開発初期段階のライトガイドへのブラスト加工
スイッチパネルへの光の映り込みは
ギラついて目障りであり、
カーメーカで不採用と決定
量産仕様
Shot blast light guide
(車載時に直接は見えない)
量産仕様のライトガイドへのブラスト加工
スイッチパネルへの光の映り込みは
ソフトになり、
カーメーカで採用と決定

押野電気製作所では、自動車用の超小型電球の開発で培った光源・カラーチューニング技術を活かして、多様な光学製品を開発しています。